塗替えの時期

HOME | 塗替えの時期

プロにお任せください!

新生塗装工業では、すべて有資格者が施工いたします。安心してお任せください!

ペンキの耐用年数は約7~10年、最近開発されているもので約12~15年と言われておりますが、厳密には場所と既存塗膜(すでに塗られている塗料)によって異なります。
また、塗り替える時期には必ずその兆しがあるものです。もとより、塗料はその種類によって耐用年数が異なります。場所(直射日光の当たるところ)等の違いによっても変わります。

新築から塗り替え期間について、外壁・外部塗装の目安・12~15年。
傷み出すと早いので、鉄部は5年~7年で塗装をお勧めします。内部クリヤーは7年~10年でお手入れして下さい。

 


塗替え時期の見分け方

外壁


 
ツヤが無くなり、触れると手に白い粉塗料の老化によりクラックが生じ、建物と塗膜の間に水分が浸入しやすくなり外壁の寿命、塗り替え時期です。
・表面を触ると粉が手につく。
・色にツヤが無く、褪めてきている。
・表面に細かなヒビがある。
・藻(も)や苔(こけ)が発生している。
・ペンキが剥がれている。
・全体に一色に見えない。
・トタンにサビが出ている。

 

ウレタン防水

 

塗膜が老化すると雨水が混入し水漏れの原因(10~13年目)点検が必要です。

 

鉄部塗装

 

ツヤが無くなり手に白い粉、水分を含んだ状態が続き、錆が発生する原因となります。早めのお手入れは鉄部の侵食を防ぎ、寿命を延ばします。

 

屋根塗装


 
コロニアル等ツヤが無くなり、色あせ変色コケ、土等が付着。大切なお家を守る屋根。早めのお手入れ塗替えが屋根の老化を防ぎ、建物内部のカビ防止に役立ちます。
・藻(も)や苔(こけ)が発生している。
・雨が降った翌日、表面がなかなか乾かない。
・水弾きが悪い。
・所々、錆が発生している。

 

木部・建具


 
変色剥がれにより湿気が生じ、カビの原因に。お手入れをお勧めします。