外壁塗装

HOME | 外壁塗装

塗装工事は、それぞれ役割(機能)を持った樹脂層(塗料)をコーティング(塗り重ねて膜を作る)する工事です。
各層は決められた膜厚を満たさないと期待した年数より早く劣化が始まり長持ちしません。

新生塗装工業では、住宅の外壁塗装(塗り替え)には、旧塗膜にプライマ-(新旧の樹脂層を密着させる接着剤)を塗り、その上にトップコート(仕上げ用塗料)を2回塗ります。
トップコートは外部の自然環境に十分耐える樹脂で作られています。

 

住宅の外壁塗装工事とは

外壁塗装の目的は大きく分けて次の2通りがあります。
 

1.外壁を腐食から守る

新生塗装工業では、金属部の酸化防止、木部の防虫防腐、窯業系のサイディングの劣化防止等、外壁の風雨や紫外線による劣化防止を考慮した塗料を選び施工いたします。

2.色彩によりイメージを一新

外壁を塗り替えることで、住まいのイメージを変えることができ、新しい住まいになります。


新生塗装工業の外壁塗装工事の流れ

STEP1.

下地処理

 
外壁や屋根に付いたホコリや汚れなどは高圧洗浄(120~150Kg/m2)で洗い流します。高圧洗浄で洗い落とせない強力なカビ、藻などは専用薬品を使用して除去します。外壁や目地などに損傷がある場合は、補修作業が必要になります。
また、被塗装面や外壁塗装とは異なる仕様の塗装箇所(窓や格子)は、養生(ビニールや、テープで)します。
 

STEP2.

下塗り

 
旧塗膜や下地材、また上塗材との密着をよくするため、シーラー(プライマーという場合もあります。)やフィーラー(凹凸を埋める)を塗ります。
 

STEP3.

中塗り

 
中塗りの材料は、上塗りと同様の材料を使います。中塗の目的は塗膜厚を一定量確保し塗膜を長持ちさせることです。塗装具はローラーが主体ですが、ローラーが使用できない狭いところなどは刷毛を使用します。
 

STEP4.

仕上げ(上塗り)

 
中塗りの材料と同様です。上塗りの目的は仕上がり面を美しくすることです。ローラーや、狭いところなどは刷毛を使って中塗より丁寧に塗装します。