防水工事

HOME | 防水工事

屋上・バルコニーへの防水塗装は、既存塗膜の劣化状態によって防水施工が変わってきます。
防水工事はきちんと施工をするのが安心です。

新生塗装工業では、専門の技術スタッフが劣化状態を判断し、長期に渡り安心して長持ちする工法を企画提案しております。もちろんお見積りは無料です。
防水工事なら新生塗装工業にお任せ下さい。
 

新生塗装工業の防水塗装方法

シーリング

 
サイディングの継ぎ目、開口部、などの隙間に施工してあるシーリング材が年月の経過とともに劣化してしまいます。
 


【シーリング材について】

 
シーリング材は建築物その他の防水性・気密性を目的とする防水材料です。
長期的にその機能を維持することはもちろん、外壁さらには建物全体の美観を損ねないようなものを選択する必要があります。
シーリングの機能をより確かなものにするには、シーリングを充填する前にプライマー(接着剤の役目をする樹脂)を塗布します。
 


【シーリング材の種類】

 
水漏れや穴をふさぐのに何気なく使っているシーリング剤ですが、その主成分の特徴を理解しないで使用すると所期の目的を達成できないことがあります。
シーリング材は様々な種類があり、各成分系統により最適な施工箇所があります。
それ応じて使い分けなければ、施工中の失敗や施工後に耐久性や美観の問題が生じます。
 


ウレタン防水塗装

 
改修工事の比率の急増とともにウレタン防水の需要も増えています。
その特徴は、防水層が軽量であり建築物に負担をかけない点と、ウレタン塗膜が複雑な収まりにも容易に対応でき、防水面に継ぎ目のないシームレスな防水層を形成でき、定期的なトップコートの塗り替えをすることで、防水層を紫外線劣化から長期的に防ぎます。
 


シート防水工法

 
屋上防水によく使われる防水工事です。工事としては、防水シートのジョイント・防水端末の処理が重要です。
また、定期的にトップコートを塗り替えることにより、長期間の防水性を得ることができます。
 


FRP防水工法

 
FRP防水工事は、他の樹脂防水工事に比べ圧倒的な耐酸性があり、防水層を劣化させる酸性雨から建物を保護します。
従来の塗膜防水に比べ硬化時間が極めて早いことを特徴とするため短い工期で施工することができます。
 



新生塗装工業の施工例