Repaint

塗替えの時期

塗料の耐用年数に合わせた塗り替え工事を提案

外壁や屋根の塗膜に剥がれや浮き・色あせが出てきた場合やコケやカビが生えてきたといった場合、外壁を触ると白い粉が付くなどの症状がみられましたら塗膜が劣化しているサインです。またこれらの症状がみられなかったとしても塗料には耐用年数が定められており、12~15年ほど経ちましたら塗り替えをしましょう。
塗替えの時期
塗装2

プロにお任せください!

新生塗装工業ではすべて有資格者が施工いたしますので安心してお任せください!

ペンキの耐用年数は10年前後、最近開発されているもので20年前後と言われておりますが、厳密には場所と既存塗膜(すでに塗られている塗料)によって異なります。また、塗り替える時期には必ずその兆しがあるものです。もとより、塗料はその種類によって耐用年数が異なります。場所(直射日光の当たるところ)等の違いによっても変わります。
新築から塗り替え期間について、外壁・外部塗装の目安は12~15年で、傷み出すと早いので、鉄部は5年~7年で塗装をお勧めします。内部クリヤーは7年~10年でお手入れしてください。
塗装1
時期の見分け方

外壁

ツヤが無くなり、触れると手に白い粉塗料の老化によりクラックが生じ、建物と塗膜の間に水分が浸入しやすくなり外壁の寿命、塗り替え時期です。

・表面を触ると粉が手につく。
・色にツヤが無く、褪めてきている。
・表面に細かなヒビがある。
・藻(も)や苔(こけ)が発生している。
・ペンキが剥がれている。 ・全体に一色に見えない。
・トタンにサビが出ている。