Service

サービスの案内

地域密着の施工店としてお喜びいただける塗り替え工事を

お客様に安心して工事のご依頼をいただけるよう常に新しい技術を積極的に取り入れ続け、またこれまでに培ってきた技術と経験も活かしながら丁寧なサービスの提供をしております。数ある塗り替え工事の会社からお客様に選んでいただくため、そしてお喜びいただくため、地域の皆様に信頼される会社を目指しております。
塗装工事
img01

塗装工事について

塗装工事は、それぞれ役割(機能)を持った樹脂層(塗料)をコーティング(塗り重ねて膜を作る)する工事です。
各層は決められた膜厚を満たさないと期待した年数より早く劣化が始まり長持ちしません。
新生塗装工業では、住宅の外壁塗装(塗り替え)には、旧塗膜にプライマー(新旧の樹脂層を密着させる接着剤)を塗り、その上にトップコート(仕上げ用塗料)を2回塗ります。
トップコートは外部の自然環境に十分耐える樹脂で作られています。
img08

住宅の外壁塗装工事とは

外壁塗装の目的は大きく分けて次の2通りがあります。

1.外壁を腐食から守る
新生塗装工業では、金属部の酸化防止、木部の防虫防腐、窯業系のサイディングの劣化防止など、外壁の風雨や紫外線による劣化防止を考慮した塗料を選び施工いたします。

2.色彩によりイメージを一新
外壁を塗り替えることで、住まいのイメージを変えることができ、新しい住まいになります。
新生塗装工業の
外壁塗装工事の流れ
塗装5

下地処理

外壁や屋根に付いたホコリや汚れなどは高圧洗浄(120~150Kg/m2)で洗い流します。高圧洗浄で洗い落とせない強力なカビ、藻などは専用薬品を使用して除去します。外壁や目地などに損傷がある場合は、補修作業が必要になります。また、被塗装面や外壁塗装とは異なる仕様の塗装箇所(窓や格子)は、養生(ビニールや、テープで)します。
塗装25

下塗り

旧塗膜や下地材、また上塗材との密着をよくするため、シーラー(プライマーという場合もあります)やフィーラー(凹凸を埋める)を塗ります。
塗装12

中塗り

中塗りの材料は、上塗りと同様の材料を使います。中塗の目的は塗膜厚を一定量確保し塗膜を長持ちさせることです。塗装具はローラーが主体ですが、ローラーが使用できない狭いところなどは刷毛を使用します。
塗装11

仕上げ(上塗り)

中塗りの材料と同様です。上塗りの目的は仕上がり面を美しくすることです。ローラーや、狭いところなどは刷毛を使って中塗より丁寧に塗装します。
屋根塗装・防水工事
img09

屋根塗装・防水工事なら新生塗装工業

屋根はいつも厳しい風雨や紫外線にさらされています。そのため外壁以上に早めの塗り替えが必要です。
大切なお家を守る屋根、早めのお手入れ塗り替えが屋根の老化を防ぎ、建物内部のカビ防止に役立ちます。
新生塗装工業では、屋根塗装には遮熱・断熱などの機能を考慮した塗料を選び施工いたします。
屋根塗装・防水工事なら、実績と技術の新生塗装工業にご相談ください。
屋根を再塗装するということは、建物自身の資産価値を守ることにもなります。見た目にももちろん、塗装による防音性・防火性などの耐久性の向上にも有効です。屋根塗装・防水工事は住まいのイメージを替えるだけではなく、機能性もアップさせるものなのです。
塗装6

コロニアル屋根塗替え時期の見分け方

それぞれの家によって違いますが、新築から5年~8年を目安として塗り替えをするのが一般的です。
最初についていたそれぞれの色が白っちゃけてきてしまい、雨が降ってぬれてくると濃い色に見えます。その違いが大きい程塗り替えが必要となります。
また、コロニアルの重なり部分の影が波を打ったようになっていると雨漏りの危険性があります。色が薄くなってきたら、塗り替え時期です。
塗装23

新生塗装工業が提案する屋根塗装の種類

新生塗装工業では、耐侯性に優れてコストパフォーマンスに優れているシリコン塗装をお勧めしていますが、顧客様のお住まいの状況、ご予算によりご提案いたします。また、現在フッ素塗装が大きく注目されています。

新生塗装工業の施工例

施行流れ1
防水工事
ダウンロード (4)

屋上・バルコニーへの防水塗装について

屋上・バルコニーへの防水塗装は、既存塗膜の劣化状態によって防水施工が変わってきます。
防水工事はきちんと施工をするのが安心です。
新生塗装工業では、専門の技術スタッフが劣化状態を判断し、長期に渡り安心して長持ちする工法を企画提案しております。もちろんお見積りは無料です。
防水工事なら新生塗装工業にお任せください。
新生塗装工業の防水塗装方法

新生塗装工業の施工例

施行例
塗料について
塗装3

フッ素樹脂塗装

高い耐侯性と低汚染性を発揮する高機能塗料として利用されています。

【超耐侯性】
高フッ素含有の樹脂が超耐侯性を実現。酸性雨、塩害に対して極めて優れた耐侯性を維持します。
【超低汚染性】
親水性塗膜が初期から極めて優れた耐汚染性を発揮します。
ダウンロード (1)

トタン屋根―4タイプ

耐候性が違います

1.フッ素樹脂塗装
2.シリコン樹脂塗装
3.ウレタン樹脂塗装
4.合成樹脂塗装
ダウンロード (3)

コロニアル屋根―3タイプ

耐候性が違います

1.フッ素樹脂塗装
2.シリコン樹脂塗装
3.ウレタン樹脂塗装